水カフェどうし

水カフェどうしのご紹介

Doshi Information center

水源地道志村の魅力を横浜市や都心部の人々にアピールし、特産品の販売・観光案内や誘客・地域間交流・田舎暮らし・UJIターンを案内する総合拠点として、横浜市保土ヶ谷区内に「横浜市の水源地 道志情報館 水カフェどうし」をオープンしました。
店内では、村と横浜市の関係や様々な特産品を扱っていますので、ぜひお立ち寄りください。

施設名称 横浜市の水源地 道志情報館 水カフェどうし
所在地 〒240-0002横浜市保土ヶ谷区宮田町1-4-11
電話番号 045-877-8419
施設 店舗 (鉄骨3階建1階部分賃貸)
店舗面積 65.5㎡

「水源地道志村PRコーナー」

  • 横浜市と道志村との交流の歴史
  • 観光案内(観光施設、体験施設、キャンプ、登山、釣、名勝)
  • 道志村の文化(歴史、郷土史、伝統文化、特産品)

「移住・定住紹介コーナー」

  • 横浜市と道志村の地域間交流情報発信(見学ツアー、体験学習、イベント等のご案内)
  • UJIターン(空き家情報、子育て・教育支援、就業支援、創業支援)
  • どうしライフ(田舎暮らしの紹介)

「特産品販売コーナー」

  • クレソン、野菜、酒饅頭、味噌、道志ポーク、ジャム、アユ、ヤマメ、漬物、はまっ子どうし The Water、民芸品、木工品等の販売

特産品の販売

Products

特産品のクレソンや道志ポーク加工品、その他道志村オリジナルのジャムや味噌などを販売しています。特にクレソンは、収穫したての新鮮なままを格安で販売しています。道志村の美味しさをぜひ一度お試しください。

イートインコーナー

EatIn Corner

イートインコーナーでは、道志村の特産品である クレソンを使ったケーキやアイス、ジュースのほか、サンドイッチやホットドッグなどの軽食を販売しています。

水源地道志村の紹介

Water source forest

大正5(1916)年以来100年余にわたり、道志水源林は「赤道を越えても腐らない」と賞賛された道志川の水を横浜市民に安定して送り続けるため、重要な役割を果たしています。
水源林の役割や保全事業などを水カフェどうしにて紹介しています。

移住・定住紹介

Emigrated

横浜市や都心から車で1時間30分の都心に近い田舎です。田舎暮らしに興味のある方は、水カフェどうしでもご案内しています。また、村では移住経験者である移住ガイドがご相談を受け付けております。よかったこと大変だったことなど、みなさまのお力になれると思いますので、お気軽にお問い合わせください。